「デジタルデビル物語 女神転生」ファミコンプレイ日記8日目

 前回7話のあらすじ……。

 レベル上げ+ナカジマ最強の武器『ヒノカグツチの剣』や防具『オーラシリーズ』を揃えたナカジマアトラとユミコお嬢。

 マズルカ攻略の為とはいえほぼ最強装備となった二人、このまま何事も無く進んでいく事ができるのか!

 

 

-----------------

 

 

アバオアクーです。名前からして、大らかな時代であった事を物語っていますね。

はあっ!(ズバッ!)

 ユミコお嬢の攻撃!

 アバオアクーを倒した!

流石はオーラの剣、素晴らしい切れ味ですわね! おや?

ドキドキ……。

あら、緊張してますの、アトラ?

そ、そりゃあまあ……。
前にサキュバスさんという方々に辱めを受けましたからね、トラウマですよ。今回装備を改めたとはいえ、どうなる事やら……。

安心なさいな、今のわたくしたちは最強装備と言っていい程に万全な状態ですのよ! 今度はきっと――

あら~! みんな、あの子がいたわよ~!

 サキュバスが5体現れた!

わあーっ! で、でました!

あら~、失礼ね! まるでバケモノでも見つけたような反応じゃない~!

アトラ! しゃんとなさいな! 自分の強さに自信を持ちなさい!

そ、そんな事言ったって!

いいですこと、あなたのトラウマは自分自身の手で乗り越えなさい! わたくしはここで見ていますわ!

そ、そんなあ!
くっ、やるしかないのか! ヒノカグツチの剣、ボクに力を! たあっ!(ズバッ!)

 ナカジマアトラの攻撃!

 サキュバスに160のダメージ!

 サキュバス2体を倒した!

きゃあああああ!(バタリ

な、なんという攻撃力! これがヒノカグツチの剣の力……!(ゴクリ)

や、やったわねえ~! 許さないわよ~! カンデオン!

 サキュバスはカンデオンを唱えた!

 ナカジマアトラに60のダメージ!

うぐっ! 前回受けた時は100近くのダメージを受けましたが、オーラシリーズで固めた装備ならばおよそ半分程度の威力! 
まだ危険な技と言えますが、しかし今のボクならばまだまだ耐えられます! はあっ!(ズバッ!)

 ナカジマアトラの攻撃!

 サキュバス達を倒した!

きゃあ~! イイ男になったわね、ボウヤ……。(バタリ

はあ、はあ、やりました! やりましたよお嬢様!

うふふ、無事にトラウマを克服出来たようですわね! 自分に自信を持つことは大事ですわよ! 

はい! これからはどんな敵が現れたってへっちゃらです――

 サキュバスが8体現れた!

 ナカジマアトラ達は不意をつかれた!

きゃあ~! あの子よ! あの子がいたわ~! マリンカリン!

 サキュバスはマリンカリンを唱えた!

 ナカジマアトラは身動きが取れなくなった!

はっ! いつのまに!
くっ、体が……動かない……!

や~ん、も~! 可愛いわ~! お姉さん達が遊んであげる~!

あわわ、不意を突かれてマリンカリンなんてされてはとても勝ち目がありませんわ! いえ、逃げるが勝ち、ですわ!

 ユミコは逃げ出した!

ちょっ、嘘ですよね! お嬢様! あっ、服を!
あーっ!(ビクンビクン)

 サキュバスの攻撃!

 ナカジマアトラに1ダメージ!

 

 …………

 

あら、無事でしたの? アトラ。

うう……。今回もなんとか逃げ出せたものの、次にサキュバスさんに出会ったら大人の階段を上らされてしまいそうです……、そんな予感がします……。

やはりサキュバスさん達は強敵に変わりませんわね、不意を突かれないように気を付けて進みましょう。

 

 マズルカダンジョンを探索する二人。そこで、宝石を発見した!

 

アメジストです。同じ場所から何個でも採取出来ますが、所持できるのは1個のみです。

んま! アメジストですわ! 美しいですわね! せっかくですから頂いていきましょう!

 

 アメジストを採取した二人。その後、怪しい人物が経営している店を発見した!

 

ラグの店の店主です。名前はラグでいいんですよね?

いらっしゃい……。

なんですの、この薄気味悪い人物は……(初めまして、お邪魔致しますわ!)

ここはお店なんですか?

そうだが……わしはお金(マッカ)には興味ないよ……。
お、そのアメジスト、キレイだなっと。
何かと取り換えないかい?

 ・ りゅうのヒゲ

 ・ かみなりおこし

 ・ ロンドンブーツ

 ・ てんのまがたま

どれも見た事のないアイテムばかりですわ……。こんなのにアメジストを交換して元が取れるのかしら?

装備品とも違うようですし、そもそもどんな用途に使うアイテムか分かりませんね。

うーん、ここは無難に『ロンドンブーツ』にしましょうか! おしゃれ女子ならば押さえておいて間違いないですわね!

それでいいのかい? 毎度あり……ヒヒヒ……。

 

 ユミコお嬢はロンドンブーツを手に入れた!

 

サイズは合うのかしら? 早速履いてみましょうか……。あら?
な、なんですのコレは! 足が勝手に動いて!? きゃあああ!

 

はあ、はあ、なんという事ですの! まさか最初の町に戻ってきてしまうなんて! しかもロンドンブーツは壊れてしまいましたし!

うーん、これはあの店主にしてやられたという事ですかね……?

キーッ! ふざけやがってですわ! このわたくしをおちょくった事を後悔させてやりますの!
アトラ! 急いで戻りますわよ!

 

 二人はラグの店に再び足を運んだ!

 

いらっしゃヒッ!

 ユミコお嬢はラグに剣の切っ先を向けた!

いい度胸ですわね、あなた……。よくもあんな不良品を売りつけてくれましたわね? 覚悟は出来ているんでしょう?

ロ、ロンドンブーツが欲しいといったのはあんたらじゃないか! わしゃ知らん!

なんとまあ強情ですこと……、命が惜しくないといった様子。長生きしたかったら、もう少し商売上手になっておくんでしたわね……。
お覚悟を!

ヒィィィイ!

い、いけませんお嬢様! ここは抑えて! ボク達も商品がなんたるかを聞かずに購入してしまったのがいけなかったのかも知れません!

わ、わかった! 普通は商品の説明はしないが、今回は特別にしてやる! じゃから落ち着け!

 ・ ロンドンブーツ……購入と同時にミコンの町に即戻る。

 ・ りゅうのヒゲ……購入するとHP全回復。

 ・ かみなりおこし……購入すると雷が発生し大ダメージを受ける。

 ・ てんのまがたま……所持アイテム。ある場面で使えるアイテム。

まったく、最初から説明をすれば面倒は起きませんでしたのに……。

しかし、明らかに購入してはいけないものがありますね、罠ですか……。

やはりこの主人、一度シメておいたほうがいいのでは……?

わ、わかったわかった! これを持っていくがよい! これは大事な物じゃ!

 ラグはアレスの首飾りを差し出した!

これは? 商品ラインナップにないものですが……。

うちは同じ商品は置かん主義じゃ。更に店頭に出せるのも4つまでじゃから、5つ目以降は何か買ってくれないと表には出さん! 先ほどお前さん方が買ったロンドンブーツの代わりにコイツを出すところじゃった! これはきっと役に立つはずじゃ!

てんのまがたまは? 何かに使うと書いてありますが?

まあ、欲しければ譲ってやっても構わんが、わしも商売じゃからのう。アメジスト、ほしいなっと(チラ)

行きなさい! ケロちゃん!

わふっ!(ガブガブ)

ぎゃあああ! わかった! 持って行っていいからコイツを止めてくれ! ヒイイイ!

お、お嬢様、そのへんで……。

 

 ラグの店を離れた一行。マズルカダンジョン内を進んでいくとなんだか怪しげな空間を発見し、そこには不思議なアイテムが置いてあった!

 

ラトスの像です。見た目はなんだかよくわからんアイテムです。

ナカジマ達はラトスの像を見つけた。それは不気味に光り、台座の真ん中に置いてある。

周りを見渡すと、罠が仕掛けられている。どうやら像を動かすと罠が働く仕掛けの様だ。

なんだか怪しいアイテムですわね……。

そうですね……。あの像を入手する為には、代わりとなるアイテムと入れ替えなければならないようです。それはきっと『てんのまがたま』か『アレスの首飾り』のどちらかではないかと……。

うーん、そうですわねえ。では、ここは……!

 ユミコお嬢はゆっくりと首飾りと像を取り換えた!

 まばゆい光が辺りを包んだが何事も無く、罠も作動しなかった!

 ナカジマ達はラトスの像を手に入れた!

お見事です、お嬢様! でもどうして首飾りだと思ったのですか?

まあ簡単に言えば50%を引いたって事ですかね!

そ、そうでしたか……。

 

 ラトスの像を手に入れた二人。使い道が分からぬまま進んでいくと、目隠しゾーンが二人を覆った!

まったく、目隠しゾーンは嫌ったらないですわ! マッパーも意味をなさなくなってしまいますし、とにかく闇雲に歩くのは骨が折れましてよ!

 目隠しゾーンを適当に歩いていると、なんと人影を見つけた!

ガイアです。目隠しゾーンに潜んでいます。これ見つけるの大変ですよ!

よう! 俺はガイアだ!
俺様の持っている『銀のレリーフ』が目当てだろう!
これを手に入れるのは苦労したんだぜ!
6944マッカでなら譲らないこともないぜ! どうだ!?

なんですの、この半裸の男は……。(うーん、どうしましょう?)

銀のレリーフですか、聞いたことも無いアイテムですね。しかしまあ……。

そうですわね……。いいでしょう、買いますわ!

へぇ~、余裕だね姉さん方!
それならもう一声! 9258マッカでどうだい!? ヒッ!

……。

お、お嬢様、そんな殺意に満ちた目を向けるのはやめてくださいよ……。相手も驚いているじゃないですか……。

だってあの方、わたくしたちの全財産を奪おうとしていますのよ! 吹っ掛けてきてるに決まってますわ!
……ですがまあ、いいでしょう。その銀のレリーフ、言い値で買いますわ。

 ユミコお嬢は全財産を渡し、銀のレリーフを受け取った!

ず、随分と気前がいいな。まさか支払った後にアイスソード的考えとかしないですよね……?

しませんわよそんなの。よくよく考えてみれば。私達はもう最強装備。武具屋で装備を買う事も無いですから、使い道は回復の温泉に入ったり、仲魔を呼び出す時くらいですの。結局お金を持っていても大して使いませんもの。
それよりもあなた、そうした半裸の破廉恥な恰好はやめて、服くらい買いなさいな……。

そ、そうしたいのもやまやまなんだがね。実はこの辺の目隠しゾーンから抜けられなくて……。こまったもんでね……。

……。

 

 ガイアは捨て置いて、マズルカダンジョン探索を続ける二人。すると、怪しげな行き止まりを発見した!

なんだか不思議な穴が開いてますわね……。絶対に怪しいですわ……。それにこの穴の形は見た事ありますわね……。

そうですね。しかし手動で嵌める事は出来そうにないですし、何をすればいいのでしょうか?

分かりませんけど……。そういえば、ヒノカグツチの剣を入手する時に、壁に向かってマッパーを唱えた事がありましたっけ。
ダメでもともと……マッパー!

 ユミコお嬢はマッパーを唱えた!

 すると、突然銀のレリーフが動き出し、壁の穴に吸い込まれていった!

 突如周辺が揺れだし、正面の壁がみるみる変形していく!

なんと、見事に道が開けましたわね! 良かったですわ!

これで前に進むことができますね!

 

 開いた壁の先に進んでいく一行。しかし、重い雰囲気が膨れ上がってくる!

 

なんだか怪しい雰囲気ですわ。まさか魔王も近いのではなくて?

???「ふふふ、中々に鋭いですね。ここまで来れたあなた方に素晴らしいものをお見せしましょう」

な、なんですの!?

どこからともなく声が聞こえましたが……。

 すると突然、持っていたラトスの像が光を放った!

きゃっ!

ヘカーテです。ラトスの像を持っていないと実体化しないので姿が見えません。その場合、通常攻撃があたりません。魔法なら当たります。

 魔王ヘカーテが姿を現した!

きゃっ! なんで、私の姿が見えるの!? やだ、恥ずかしい!

まさか透明だったとは気が付きませんでしたわ! 可視化出来たのはラトスの像のせい?
しかし恥ずかしがり屋とは、可愛らしいですわね!

そ、そういうものですかね……? ですが相手は魔王です、何を仕掛けてくるか分かりません、油断は出来ませんよ!
皆さん、総力戦です!

わおーん!

にゃっ!

はいっ!

はわわっ! たくさんいるじゃないですかー! と、とにかく仕掛けなければ!

 ヘカーテは歌をうたった! ※歌はマヒ攻撃

 しかし効かなかった!

み、みんなの前で歌うとか恥ずかしくて、むーりぃ……!

なんだか攻撃し辛いですわね……。ですがこれもわたくしたちを油断させる敵の作戦かもしれませんわ! ヘカーテさん、お覚悟を!(ズバッ!

 ユミコお嬢の攻撃!

 ヘカーテに60のダメージ!

はあっ!(ズバッ!

 ナカジマアトラの攻撃!

 ヘカーテに120のダメージ!

きゃあああ! ま、負けちゃう! こうなったら……ブリザトン!

 ヘカーテはブリザトンを唱えた!

 4人に50のダメージ!

 4人は一瞬凍り付いた! ※ 凍り付くとそのターン行動不能

ひゃっ! 冷た……!

にゃっ! 露出多めのうちらには辛い攻撃にゃ~!

ダメージはそれほどでもないですが、行動を制限されるのは辛いですわね!

連発されれば辛い攻撃といえますね!

 

 しかし、魔王ヘカーテも最強装備で固めた2人の前では敵ではなかった。意外とあっさり撃破……!

 

つ、強いじゃないですかあ、もうむーりぃ……!
ちなみにこれはふる玉です。他の玉みたいに、このマズルカダンジョンのエレベーターを利用できます。今いるここはマズルカの3階ですが、2階からは『炎の腐海』というダンジョンが広がっていますよ。そこにはここのマズルカのエレベーターで向かうと楽ですね……。(バタリ)

 ラトスの像はくだけちった!

 二人はふる玉を手に入れた!

やりました、魔王ヘカーテを倒しました!

結構余裕の勝利でしたわね……。やはりわたくしたちは強くなっていますわね、このまま一気に魔王ルシファーまで向かいたいところですの!

取り合えず、ヘカーテさんの言葉通り、エレベーターを使って2階の炎の腐海ダンジョンを見てみましょうか。ダンジョンの名前からして、どんな恐ろしい場所なのか……。

 

 二人は近くにあったエレベーターで2階に降りてみた!

げっ! なんですのここは!?

炎の腐海ダンジョンです。実際のゲーム画面はもっと炎の表現が良いのですが、僕には再現が大変で適当に描いてしまいました……。しかしこのダンジョンはBGMがカッコイイのです!

あっつ! 周り一面火の海じゃないですの! しかも一歩歩くごとに体力を消耗してるじゃないですか! もう、むーりぃ!

ヘカーテさんの口調になってますね……。どうします、このままもう少し様子を見ながら進んでみましょうか?

スタルト!

 ユミコお嬢はスタルトを唱えた!

 

スタルトを唱える時はボクにも一言かけてくださいよ……。

もう汗だくですの! 早くお風呂に入りたかったんですのー!

 

 無事に魔王ヘカーテを倒したナカジマアトラとユミコお嬢。

 しかしその先に広がる炎の腐海ダンジョンに辟易した二人であった。

 この先順調に進んでいく事が出来るのか!?

 

 

 という所で8日目は終了です。

 ちょっと記事が長くなってしまいました、すみません。

 魔王ヘカーテですが、レベルを上げて装備も固めた状態で進んだため、それはもうあっさりと倒せました。というか、もはや苦労する敵も少なくなってしまったレベルです。

 それよりも大変だったのは、道中の謎解きです。

 銀のレリーフを売ってくれるガイアが目隠しゾーンに潜んでいたり、見つけるのが非常に大変です。こういうのはいけないと思います!(攻略サイト様拝見)

 いやほんと、このゲームを自力でクリアした当時の人たちは凄いですね。子供時代の僕ではすぐに投げ出したくなってしまったことでしょう。今こうして雀の涙程度にでも忍耐力のついた大人になってからプレイ出来た事は逆に良かったのかもしれませんね。攻略サイト様もありますし!(多分これが一番)

 

 では、今回はここで終わりです。9日目に続きます。

 ドット絵を描くのが遅いので、更新は遅めになると思います。

 ここまで読んでくださってありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。