ワールドウィッチーズ ユナイテッドフロント 新イベント「サトゥルヌスの贈り物」と運営について

 今回はユナフロの新イベントの事と、それに伴う大型アップデートで色々と改善された事について解説していきたいと思います。

 本当はイベントの攻略なんかを書いていきたいと思っていましたが、今回のイベントは特に攻略なんて必要なかったこと、それよりも運営の改善内容がすごくすごい事について話していきたいと思います。

 取り合えず冒頭に言わせていただきます。僕はこのゲームの運営は優秀な運営だと思っています。

 

 

 今回の新イベント「サトゥルヌスの贈り物」は、通常ステージを周回してイベントポイントを貯める+イベントチケットを入手して、そのチケットを消費する事でプレイできるイベント共闘ステージをクリアして通常ステージよりももらえる大量のイベントポイントを貯めていこうというのが流れです。

 このイベントは、初期からユナフロをプレイしていた方々なら分かると思いますが、プレイヤーから酷評の嵐だったハロウィンイベントを彷彿とさせますね。しかし、今回はハロウィンイベントの時とは環境が全然違います。

 まず、ハロウィンイベントでプレイヤーを泣かせた「ランキング上位に入らないと配布キャラのハロウィン邦佳を星4にランクアップ出来ない問題」ですが、今回の配布キャラのランクアップは非常に緩い仕様となっています。

 これに関しては、今回のイベントからという事でもないですが、前のイベント「秋だ!作ろう!栗きんとん」(今思うと凄いイベント名ですね)の時に配布キャラだった「和装 宮藤芳佳」辺りからランキング上位に入らなくても星4にランクアップ出来るようになっています。今回のイベントも、配布キャラ「トントゥ エイラ」ポイント報酬で難なく星4に出来ます。非常に楽だと思います。

 イベント共闘ステージも、通常の共闘では出現しにくいスキル強化素材が出やすい印象があるので、たくさん周回するべきです。特にイベント共闘ステージはイベントポイントを消費する事で3倍まで報酬を引き上げる事が出来るので、時短になり非常に楽です。

 これは共闘ステージ難易度EXTREMEの話ですが、出現しにくいスキル強化素材の『通称トゲトゲ』3倍だと1枠で18個出ます。すごく優秀ですね。他にもイベント専用武器やスタミナ回復のおにぎり、虹色のトゲトゲも確認出来たので、出来れば周回しまくった方が良いですね。

 各waveのSSSランクのスコアボーダーも非常に緩く感じます。スコアを稼ごうとか思わずに適当に敵を倒しているだけで簡単にSSSランクに到達できます。簡単です。これも他のプレイヤーが簡単にしてほしいと要望出したんですかね?

 しかし、ゲーム全般に言える事ですが、ストーリーのキャラクターボイスをフルボイスとはいかなくても、もう少し収録してほしいですね。

 今回のイベントの『サトゥルヌスの贈り物』でも、サーニャとエイラが話すシーンで、サーニャが「そうですね」「はい」とかエイラに敬語使うんですよ。草生えるんですよね。もう少しボイスのバリエーションがあったらこうはならなかったんでしょうが……。

 

 後は、ほとんどの方が理解していると思いますが、一応記述しておきます。

 イベント専用の称号(今回で言えば『真っ赤なトントゥ』)は、付ける事でイベント取得ポイントに+3%乗算されます。なので、イベントアイテムのキャンドル交換は、まず真っ先に称号「真っ赤なトントゥ」を取得して装着する事をオススメいたします。称号を装着する所では効果なしとか書かれてるんですが、恐らく表記ミスです。十分効果アリなんで付けた方がいいですね。

 これはいままでのイベントでもそうだったので、今後のイベントでも称号を手に入れたらすぐに装備、を忘れないようにした方がいいですね。

 

 ちなみにガチャ限定の新キャラクターである「トントゥ サーニャ」は、僕が共闘で使うキャラのイチ押しにしたミーナと同じ『範囲内の弾をスコアチップに変換』です。非常に優秀だと思います。

 ですが一言言わせていただければ、スコアに関してはミーナの方が上だと思います。なぜかというとサーニャの攻撃はロケット弾なので弾幕が薄いんですよね。それに比べてミーナの武器はマシンガン系で画面上に出せる弾も多いので、そこで少し弾変換数に差がつきます。もちろん火力自体はロケット砲の方が上だと思いますので、クリア重視ならトントゥサーニャスコア重視ならミーナで使い分けるといいかと思います。

 ちなみに管理人は20連程ガチャを回しましたが、トントゥサーニャは引けず敗北しました。残念ですね。

 

 

 ここからは、大型アップデートにより改善された点を書いていきたいと思います。

 この改善された点というのは、ゲーム内でプレイヤーに改善してほしい所アンケートを取ったことがあったんですよね。それに加え、ネット上なんかで聞こえてきたプレイヤーの不満点なんかを加味して修正していった箇所だと思います。

 

 1、共闘ステージが5waveから3waveになった事

 プレイヤーから「共闘ステージが長いので短くしてほしい」というような声が上がっていたようで、そこを修正したようです。

 これによって報酬のランダムアイテム箱の数も減りましたがその分、1枠のアイテムの数が上昇しています。

 特にスタミナ回復アイテムのおにぎりは1枠から2個、ウィッチトークンは難易度EXなら1枠で6個出現するようになりました。難易度Hなら5個でした。確認していないので間違っていたら申し訳ないですが恐らく難易度Nは4個だと思います。

 すごく優秀ですね。しかし、プレイしてみると3waveって途端に簡単に感じました。まあ全てのユーザーが時短で楽になるのはとても良い事なんですけどね、ちょっと寂しい感じがしますね。ステージによっては回復キャラとか、大型シールドを貼る防御キャラなんてますます使う機会がなくなるんじゃないか、とか思ってしまいますね。

 

 2、共闘任務におけるマッチング改善

 この機能は、今までは共闘任務用のステージは発見者が部屋を立ててから、そこに他のプレイヤーが助っ人的な感じで入室するのが主だったんですね。一応発見者には「発見者ボーナス」としてクリア時の報酬枠が1枠増える、というシステムでした。

 しかし今回から、同じ共闘ステージの発見者が居たら発見者同士同じ部屋にマッチングする仕様に改良されました。もちろん発見者はクリア時の報酬枠が1枠増えています。

 このシステムのおかげでマッチングが劇的に速くなったのです。これは非常に優秀なシステムですね。こういうのって他のアプリゲームでは普通なのでしょうか? よく分かりませんが、これだけでも共闘任務の待ち時間の相当な改善になっています。もう一度言いますが、非常に優秀なシステムだと思います。

 

 3、各ウィッチに装着できるアクセサリーの実装

 いわゆるキャラの見た目を変えるスキンですね。服装自体が大きく変わるようなものはまだ実装されていません。帽子とか、そういった小物です。

 実は、管理人は改善アンケートに「ウィッチに着せ替え出来るスキンが欲しい」と要望を入れたのですよ。まさにこれですね。

 まあ元々実装予定だった説が有力ですが、それでも自分の要望が通ったようで素直に嬉しかったです。今後、水着とかが実装される可能性が期待されますね。

 

 

 大きく変わったのはこのくらいでしょうか。後は細々とした不具合改善も行われたようです。

 ここからは、管理人個人の考えを書かせていただきたいと思います。色々と書いていますので、不愉快に思われた方がいたら申し訳ありません。

 

 さて、冒頭でもお話しましたが、僕はこのゲームの運営は非常に優秀だと思うのですね。

 もちろん、初期の頃は共闘のマッチングに不備があったり、ハロウィンイベントの件もあったりと色々と不満はありましたが、それでもゲームを辞めるとかそういう程の不満は全くありませんでした。もちろん、感じ方は人それぞれだとは思いますが。

 今回、大幅な改善と共に実装したイベントも特に不満がありません。というか、ハロウィンイベント以降のイベントに大した不満なんてありません。逆にモチベーションが上がる内容のイベントであったか、と言われると胸を張ってあったとは言えないんですが……。でも配布キャラを星4に育てられるのは素直に優秀だと思いますし、そもそもイベントなんてその程度で十分だと僕は思っています。

 それよりも、運営の改善具合の方に一目置くべきです。

 まだゲームが配信されてから2か月程度なんですよ。なのに改善に次ぐ改善。特に共闘周りの仕様変更なんて目を見張るものがあります。

 共闘ステージを5waveから3waveへ。これも大幅な変更点です。上記でこの仕様の説明はしましたが、これに関しては本当にユーザーの意見を取り入れているな、と強く感じます。

 切り捨てられた各共闘ステージの2wave分は、電子の海の藻屑となって散っていったわけですよ。相当な労力をかけて作ったはずであろうものですから、これをたった2ヶ月で見切りをつけるのは相当なモンです。ユーザーの望むものを取り入れていく姿勢が伺えます。

 

 よく言われている「課金」もそうですが、そもそもメーカーはお金を稼がないと運営が出来ないわけですよ。このゲームは無料でプレイ出来るわけですからね。プレイヤーの方々に「お金を出してもらうにはどうしたらいいか」を常に考えているわけです。ゲームの運営は商売なんですよ。

 逆に言えば、お金を稼げないと(商品が売れないと)店を畳まないといけなくなってしまうのです。この辺が難しい所だと思うのですよね。あんまりにもお金に執着するような商売方法だと、ユーザーに愛想を尽かされてしまいます。そうなると商品は売れなくなり、販売終了(サービス終了)になってしまいます。メーカーにとっての死活問題です。

 プレイヤーが課金せずに何もかも手が届くようなゲームをユーザーに届ける事なんて出来ません。ゲーム運営は慈善事業ではありませんからね。基本プレイ無料・アイテム課金ゲームの運営を行っていく以上、これは当然の事です。

 『課金すればゲームプレイが楽になる』『課金してガチャをして好きなキャラクターを当てたい』そういった思いで課金する方が出るわけですね。つまり課金に関してはユーザーの好き勝手なんですよ。課金しないと遊べないわけではないですからね。

 課金者も無課金者も、自分で選んだ道です。運営を批判するほどでもないです。商品を提示されて、買うか買わないか。その程度だと思います。もちろん欲しい商品はガチャガチャなので確定で買えるわけではないですが(天井はありますが)、それはプレイを始めた時に承知の上のはずです。

 僕は欲しいキャラを課金してガチャで無理やり当てるくらいなら、出なかったら出ないで早々に諦めて現物のキャラのフィギュアでも買った方が満足できると考えている人間です。みんなもウィッチーズのフィギュア、買おう!(提案)

 とまあ、それはさておき、課金回りなんてどこのゲームも一緒だと思いますね。課金がえぐいので辞める、とかいうのは別の問題です。ゲームをプレイしていてつまらないから辞める、なら分かります。それは仕方のない事です。人によって合う合わないありますからね。

 もう一度改めて言わせていただきますが、上記の考えは僕が個人的に思っている事なので、不愉快に思われた方がいらっしゃったら申し訳ありません。別に課金者、無課金者が悪いとか、そういった話ではありませんのでご了承ください。

 ですが配信当初にプレイして嫌になって辞めていった方々も、今一度プレイしてみてほしいとは思いますね。配信当初からは国債の配布量とか格段に改善されてますよ。

 

 人って、良い事よりも嫌な事の方がより気になるものだと思うのですよね。

 例えばスマホゲームでいうと『いつの間にか課金アイテム増えてた! やったー!』よりも『いつの間にか課金アイテム消えてたんだけど!? どうなってんの!?』の方が惹きつけられるものだと思うのですよね。

 なので、ユナフロの配信当初のネガティブな事柄を世間に強く印象に残してしまった事は、このゲームにおいては非常に失敗で、悔やまれることだと思います。SNSや動画なんかでも、ユナフロを知らない方々に『ユナフロの嫌な部分だけ』を色々と紹介されてしまった感があるからです。

 僕も配信当初は否定的な事を書いてしまった事があるので、今はこのゲームの良い所を皆さんに伝えていければいいなと思っております。

 この改善ペースは本当にすごいことだと思います。これからも今後に期待が出来る素晴らしい運営であってほしいですね。

 

 では、なんだか余計な事を色々と変な事を書いてしまった感じはありますが、これで終了とさせていただきます。

 ここまで読んでくださってありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。