「デジタルデビル物語 女神転生」ファミコンプレイ日記1日目

 今回はいつもの紹介記事とは違い、管理人であるでげが初めて触ったゲームのプレイ日記として記事を書いていきたいと思います。

 記事タイトルに「1日目」と書いているように、ひとつの記事で完結する内容ではありませんので、予めご了承ください。

 

カセット表面です。なにやらピラミッド的な遺跡に入っていく二人の男女、ナカジマとユミコの姿が見えます。

 

カセット裏面です。ナムコさんのゲームでよくある、簡易的な説明文が載っています。

 

 「デジタルデビル物語 女神転生」は1987年9月1日に株式会社ナムコさんより発売されたファミコン用のRPGゲームです。

 女神転生、略してメガテンシリーズと言えば、今でも関連作品が発売されるほどの人気シリーズで、その第1作目になります。

 メガテンシリーズと言えばナムコさんではなくアトラスさんが開発、販売している印象がありますが、この1作目は実は設立から間もない時期のアトラスさんが開発していたゲームらしく、発売元がナムコさんだった、いう事みたいですね。ファミコンソフトとしては「女神転生2」も同じくアトラスさん開発、ナムコさん販売という流れになっています。「真・女神転生」等、スーパーファミコン用ソフトになってからはアトラスさんが完全に自社で開発、販売に至っています。

 

 僕は、今まで女神転生シリーズって触ったことが無かったのですよ。関連作品である「ペルソナ」シリーズなんかは結構遊ばせていただいた事があるのですが、今回お正月の休みを利用して記念すべき第一作目である初代「女神転生」をプレイしてみたわけでありますね。

 

 今後もプレイ日記と称して色々なゲームの記事を書いていきたいと思いますが、流れとしては当サイトのオリジナルキャラクターを使って物語仕立てに記事を書いていくつもりです。

 なのでそういった寸劇が苦手な方には楽しめないかもしれませんがご了承ください。

 

 ストーリー

 ゲームを起動して放置すると見られるデモ画面のストーリーを書かせていただきます。

デモ画面では二人がパソコンに向かっている画像と共に簡単なストーリー説明があります。

『HCI052

CMP #1

BNE HCI054

LDX AC-4L0W0

LDA #8

STA AC-4L0W1.X

INC AC-4L0W00

 HCI053

LDA AA-STY-STAT

BEQ HCI055

LDX AC-0L1W1

JSR SA-STEST

 ナカジマは悪魔召喚プログラムを作り、悪魔を呼び出す事に成功した。

 それによって現れたロキやセトは人間界を乗っ取ろうとしたが、ナカジマとユミコの手によって倒された。

 しかし今度は大魔王ルシファーがロキ達を復活させ人間界を征服しようとしていた。

 RUN ‘DEMON‘ 』

 

 なんのこっちゃ、と言いたくなるような展開から始まります。とにかく続き物のような感じで始まるわけですが、これにはワケがあります。

 実はこのゲームは作家の西谷史(にしたに あや)さんの伝奇SF小説シリーズ『デジタル・デビル・ストーリー』の初作である『女神転生』を原作とし、OVA等のメディアミックスもされたゲーム作品として作られたのです。

 原作小説(第一作目『女神転生』、第2作目『魔都の戦士』)やOVAの続編という設定の為、いきなり物語の途中から始まるような感じになってしまっているようです。原作も完結しないままゲーム制作されたので、原作小説と設定が異なる部分もあるのだとか。

 今回、原作小説を買って読んでみようかと思い調べてみましたが、どうも古い作品の為、おいそれと気軽に購入できないような値段になってしまっていました。kindleで配信とかしてくれたらいいんですけどね。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

遂に買いましたの!『女神転生』! 早速プレイしていきますわよ!

女神転生ですか、敵を仲間に出来るとかっていうRPGですよね。詳しいことはボクはプレイしたことが無いので分かりませんが……。

あら、奇遇ですわね! じゃああなたも一緒に冒険に出掛けますわよ!

え? 冒険に出掛けるって、一体何を……。わっ!

 

 

女神転生ではフィールド移動は疑似3Dとなっています。ウィザードリィやがんばれゴエモンの迷路と同じ操作方法です。

 

こ、ここは?

どうやら女神転生のフィールド画面みたいですわね!

……。 あのう、あなたは?

本名は『白鷺弓子』という名前です。

わたくしです、お嬢ですわ! 今のわたくしの姿はヒロインのユミコさんですの。ちなみにあなたの姿はこのゲームの主人公であるナカジマさんですのよ!

本名は『中島朱美』という名前です。

わっ、これボクですか!? こ、これは一体……。

わたくし達、今は大魔王ルシファーを倒すためにやってきた正義の味方ですのよ! どうやってゲームの世界に入ったとかの細けー事は気にしない方向で参りますの!

は、はあ……。

やっぱりRPGと言ったら、まずはバトルですの! 早く町の周りのザコ敵を倒してレベルアップ、そしてお金を稼いで装備を整えるのですわ!

でも、いきなりマップも無く疑似3Dフィールドをやみくもに歩き回るのは迷子になって危険では……。

女神転生のプレイヤーの方々は、お手元に方眼紙なんかを用意されて自分でマップを作って遊んでいたようですわね。ですがわたくしならばそんなもの無くても問題ないですの! さっそく行きますわよ!

だ、大丈夫かなあ……。

 

 少し進むと、何やら人影が!

町の出入り口を見張る門番。外見はドワーフ?

おい、ぼうず! ここから先は魔物の棲み処だぜ! 行くなとは言わないが気をつけてな!

あら、ご親切にありがとうございますわ! やりましたわね、ここが町の出入り口みたいですの! 早速敵を倒しに行きますわよ!

意外と近くにありましたね!

 

 町の外に出ると、早速敵が現れた!

ゾンビ。昔からゲーム出演では各所から引っ張りだこですね。

ウウウ……。

ゾンビですわ! 素手なんであんまり触りたくないですけど、早速倒して経験値の足しにしてやるのですわ!

ちょ、ちょっと待ってください、なんだか戦闘コマンドに『はなす』って項目があるんですよ。もしかして、これが敵を仲間にする手段のひとつなんじゃないですか?

なるほど、話をして懐柔させて仲間にするのですわね! では早速やってみましょうか、もし……ゾンビさん?

ウ?

わたくしたち、別にあなたに危害を加えようってつもりはないんですの! よろしければ話を聞いてくださる?

ウウウ……ウウー!

 ゾンビは暴れだした!

 ゾンビの攻撃! バキッ!

 ユミコお嬢に10のダメージ!

キーッ! こちらが下手にでれば、舐めやがりますわね! いい度胸ですの! ブチのめしてやりますの!

お、お嬢様、ここは一旦退いた方がいいですよ! 今の攻撃、結構なダメージですよ! 今のお嬢様のHPの3分の1くらい減りましたよ!

そ、そんなに減りましたの!? ですがもう怒りましたの! こいつ一匹だけなら倒せますの! それっ!

 ユミコお嬢の攻撃!

 ゾンビに1のダメージ!

ぜ、全然減らないですの! 
そういえばこのゲーム、始めた時に好きにステータスのパラメータにポイントを振り分ける事が出来ますの! 
攻撃力とか体力とか! ですがわたくしはやはり女の子! 賢さと体力をそこそこに振り分け、腕力には少しも振り分けてなかったのですわ!

ウウウオオー!

 ゾンビの攻撃! バキッ!

 ユミコお嬢に11のダメージ!

きゃあああ!

くっ、ここは撤退しましょう!

 

 なんとか逃げ出せた二人は町に戻る事に。

ひ、ひどい目にあいましたの……。

うーん、やはり一旦は町で装備を整える方が先なんじゃあ……。

でも、わたくし達は無一文ですのよ? このままでは買い物はおろか、このキズの手当すらままならないのでは……?

うーん、困りましたね。取り合えず、この町にはどういった方々が居るのか、ちょっと回ってみましょうよ。

そうですわね、せっかくこの町にやってきたのですから、住民に挨拶回りをするのが嗜みってもんですの。じゃあ取り合えず色々と回ってみましょうか!

 

 やみくもに歩いていると、なんと宝箱を見つけた!

い、いきなり宝箱発見ですわ!

 宝箱を開けると、500マッカ(お金。魔っ貨という)と宝玉を手に入れた!

こんなところでお金を手に入れる事が出来るなんて……。これで多少なりとも装備を整えられそうですね!

こんな事ならもう少し町を見て回るんでしたわね……。

 

町の住人のおねーちゃん。

あら、新入りの方?

初めまして、今日から大魔王ルシファーを倒すまでお世話になりますわ! 

あら、そうなの? じゃあ良いことを教えてあげるわ。闇夜の時はマモノ達も素直だと聞いたことがあります。是非参考になさって。

闇夜の時? フィールド画面の左上には月の状態を示すものが表示されてますから、それと関係がありそうですね。この月の状態如何で敵の仲間のしやすさが変わってくる、という所でしょうか。

 

見た目にインパクトのあるおっさん。

ここはミコンの町。ダイダロスの塔の8階です。

なんですの、このおっさん!?(そうなんですの、ご親切にありがとうございますわ!)

お嬢様、心の声の方が出てますよ! 聞こえちゃいますって!

わ、わたくしったら! 早く行きましょう!(退散)

 

黒髪ロングで胸元を見せつけるグラマー?なセクシーねえちゃん。

あら、長い黒髪が美しい女性が居ますわね!(お世辞)

ふふ、ありがとう。魔宮の中には味方になるマモノもいるようよ。話して見たら?

お、おほほほ! 参考にしますわ!

嫌な記憶が蘇りますね……。でも、この言い方だと『味方にならないマモノ』もいるような雰囲気ですね。話しかけても無駄なマモノもいるかもしれませんね。

 

武器屋のおねーちゃん。ゲーム画面では背景にも力が入っていましたが、再現が面倒だったので省きました。ユルシテ……。

いらっしゃいませ。何をお探しですか?

き、きましたわ! 武器防具屋ですの! 早速品揃えを見たいのですが、よろしいかしら?

ええ、こちらになります。

 ・武器

 ジャックナイフ……80マッカ

 ヌンチャク……130マッカ

 短剣……195マッカ

 サソリむち……280マッカ

 ・防具

 コンバットスーツ……140マッカ

 鎖かたびら……800マッカ

 樫の盾……150マッカ

 ヘルメット……130マッカ

うーん、予想はしていましたが、500マッカでは十分な装備を整えるには至らなさそうですね。

そうですわね……。もう少しお安くならないんですの?

ごめんなさいね、こちらも生活がかかってますから……。武具を買ってくれるのなんて、町の門番さんくらいですし……。

そうですわよねえ、無理を言ってしまって申し訳ないですわ。じゃあ、これとこれをセットでくださいな!

 二人は武器にジャックナイフ、防具にコンバットスーツをそれぞれ身に着けた!

ありがとうございます。またのご利用をお待ちしていますね。

このお店で買える一番良い装備を整えるまで、町の周りでレベル上げですわね!(作業ゲー好き)

ええ……。(困惑)
まあ安全な旅になりそうで良いですけども……。

 

回復の泉のじいさん。

誰か治療をするのかい?

あなたが回復してくれるんですの? じゃあわたくしを回復してくださる?

じゃあ入場料を……。よし、じゃあ適当に泉に入っとくれ。

ああ、そういうシステムですの……。あのおじいさんは温泉の番頭さんみたいなものですのね……。(違います

 

邪教の館のじいさん。邪教徒なんでしょうか?

きゃっ! ハダカの変態が現れましたの!

困ったことがあったら来るがいい! 仲間をたくさん連れてきなっ!

体に巻いてるヘビで大事なところを隠してるんですの? 器用な事をしますわね……。(ヘビが)

まあまあ、下半身は描かれてないですから、全裸ではないかもしれませんよ……。
とにかく、仲間を連れてくるっていうのは、仲間にしたマモノの事を言っているんでしょうかね?

 

私はミコンの町の長老。あなたがたにパスワード(いわゆる復活の呪文)を教えてしんぜよう。

あら、それはありがたいですわね! あんまり長ったらしいのは嫌ですわよ!

『ゆうて いみや おうき むこう ほりい ゆうじ とりや まあき らぺぺ ぺぺぺ ぺぺぺ ぺぺぺ ぺぺぺ ぺぺぺ ぺぺぺ ぺぺぺ ぺぺぺ』

これは違うやつのパスワードじゃ……。

 

 

ふう、これで全員に挨拶回り出来たかしら?

ええ、問題ないと思います。

じゃあ、簡単な装備も整えたことですし、早速レベル上げリベンジに行きますわよ!

はい!

 

 ミコンの町を出た二人。早速マモノが現れる!

マッドスラッグ。ファミコンなのに大半の敵キャラがアニメーションするのは女神転生のすごいところですね。

敵ですわ! ……なんとなく言葉も通じなさそうですし、早速攻撃しちゃいましょう!

了解です!

 

 マッドスラッグの攻撃!

 ナカジマアトラはマヒしてしまった!

あばばばばばば!(行動不能)

ちょっ、マヒですの!? こんな序盤も序盤でマヒ攻撃しかけてくる敵なんて出ますの!?

 マッドスラッグの攻撃!

 ユミコお嬢はマヒしてしまった!

あばばばばばば!(行動不能)

 マッドスラッグの攻撃!

 二人はマヒしていて動けない!

 マッドスラッグの攻撃!

 ナカジマアトラはしんでしまった!

「」チーン

弱すぎて草w

こ、この……! 舐めやがってですわああああ!

 ユミコお嬢のマヒが回復した!

 ユミコお嬢の攻撃!

 マッドスラッグを倒した!

はあ、はあ……。ひどいところですの、序盤から殺しに来る難易度ですわね……。レベル上げもままならないなんて……。

 

 

また困った事があったらここにくるといい!(蘇生)

はっ! 僕は一体何を……。

……アトラ。これから先、長く苦しい戦いが始まりそうですわよ……。 

ご、ごくり……。

 

 ファミコン版「女神転生」というレトロゲームRPGの洗礼を浴びてしまった二人。

 はたして二人は無事に大魔王ルシファーを倒す事が出来るのか!

 

 

 というところで1日目は終了です。

 今回の大事な所でいえば、

 1、まずは町を探索して宝箱からお金を入手

 2、必ず装備を整える

 3、まずはすぐに町に戻れる所でレベル上げ

 でした。

 今回は使いませんでしたが、ユミコは『メディ』という回復魔法を覚えるので、本格的なダンジョン攻略はメディを覚えてからの方が良いですね。

 最後の方でお嬢が自力でマヒから回復したシーンがありますが、僕がゲームをプレイした時は戦闘中に自力で回復したことはありませんでした。戦闘終了後もマヒのままです。

 マヒになってしまった時は邪教の館で治してもらうか、マヒを治す魔法を使うしかないかと思います。なのに最序盤からマヒ攻撃をしてくる敵がいるんですよ。ちなみにゾンビもマヒ攻撃してきます。シビアなゲームですね。

 

 では、今回はここで終了です。2日目に続きます。

 ドット絵を描くのが遅いので、少し更新に間が空くかもしれませんが、どうかご了承ください。

 で最後まで読んでくださってありがとうございました。

 

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。